不動産だよりロゴ

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

10年債、0.035%に低下 金利

 17日の国内債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは低下(価格は上昇)した。前日比0.010%低い0.035%で取引を終えた。日銀が実施した国債買い入れオペ(公開市場操作)は、超長期債を中心に一定の需要を示す順調な結果となった。債券需給の引き締まりが意識され、10年債にも買いが及んだ。  短期金融市場の無担保コール翌日物金利(加重平均、速報)は前日比0.002%低いマイナス0.048%だった。

日経 2017年11月18日朝刊

 

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.