不動産だよりロゴ

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

不動産融資23.5%増 7〜9月期

 日銀は16日、全国の銀行による2017年7〜9月期の不動産業向け新規貸出額が前期比23.5%増の2兆9,603億円だったと発表した。日銀のマイナス金利政策による低金利などを背景に、オフィスビルやマンション建設の融資が伸びた。アパートローンなど「個人による貸家業」も19.6%増の8,591億円だった。 市場では、「過熱感はないものの高水準にあるため動向を注視していく必要がある」(エコノミスト)との見方があった。信用金庫による不動産業向けは10.0%増の6,408億円だった。  銀行カードローンは、9月末時点の貸出残高が6月末と比べて1.6%増の5兆7,717億円だった。

静岡 2017年11月16日夕刊

 

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.