不動産だよりロゴ

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

土地家屋調査士の測量作業を体験 浜松工業高生

 県土地家屋調査士会は13日、浜松市北区の県立浜松工業高で出前授業を行った。土木科の2年生約40人が専用の機器を使った測量を体験した。  生徒は会員に教わりながら、トータルステーションと呼ばれる土地面積の測量機器の操作を体験。機器で測った面積と巻き尺で測った面積の誤差を確認し、土地家屋調査士が仕事で活用する測量技術の正確性を確かめた。衛星利用測位システム(GPS)で校庭の埋設物を見つける作業にも取り組んだ。  不動産の測量や登記申請手続きの代行といった土地家屋調査士の仕事に興味を持ってもらおうと、同会は県内の工業高校などで出前授業を展開している。

静岡 2017年11月16日朝刊

 

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.