不動産だよりロゴ

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

「経済再生に注力を」地銀協中西会長会見 苦境の経営環境踏まえ

 全国地方銀行協会の中西勝則会長(静岡銀行頭取)は17日に都内で行った定例記者会見で、減益が目立った地銀各行の決算に関して「マイナス金利政策で貸出金利回りが下押しされた影響を受けたが、金融政策全体で景気が回復基調になった面を踏まえれば、厳しい経営環境から早く脱するために経済立て直しに引き続き注力することが大切」と述べた。  地方の富裕層向けなどで残高が急増しているアパートローンについては、不良債権化しないよう注視する姿勢を示した。「貸した時点で終わりではない。(家主が)返済できるだけの需要があるのかが大事」とし、将来の空室率や人口動態を見極める必要性を強調した。  6月で任期満了を迎える中西会長。「年間を通じてマイナス金利の影響が及んだ中での任期だった。金融庁が新たに導入したベンチマークや事業性評価への対応など、会員銀行の経営課題を全て解決できたわけではないが、取り組みを1歩2歩前進させることができたと思う」と2度目の会長を務めた1年を振り返った。

静岡 2017年05月18日朝刊

 

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.