不動産だよりロゴ

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

水、電気を自給自足 TOKAIグループ実証ハウス建設へ

 TOKAIホールディングスは27日、電気と生活用水を完全自給自足でまかなう近未来住宅の実現に向け、開発や実証、プレゼンテーションの拠点とする戸建てのモデルハウスを島田市内に建設すると発表した。7月末の完成予定。グループのサービスを結集し、災害時でも平常に近い暮らしが続けられるような住宅を目指す。  木造2階建てで、島田市ばらの丘の住宅地内に建設する。敷地面積228u、延べ床面積137u。名称は「OTS(On the Spot)ハウス」。「住んでいるだけで居住者が守られる」を掲げ、先端技術を用いた設備やサービス創出につなげる。  具体的には、太陽光発電や燃料電池の活用、貯留した雨水の浄化システムなどを通じ、家族4人分の電気エネルギーや生活用水を自給自足でまかなう。エネルギー分散化の観点からLPガスボンベも配備する。飲料水の宅配、最先端のICTサービス導入をはじめ、グループの生活インフラサービスの一括提供とサポートを想定している。モデルハウス公開は10月からの予定。一般も対象にした案内ツアーや宿泊モニター体験なども計画している。鴇田勝彦社長は「グループが展開するTLC(トータルライフコンシェルジュ)のゴールのような施設になる」と話した。

静岡 2017年04月28日朝刊

 

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.