不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

盛り土新条例案 土地所有に“監視”義務 県方針 施工確認や異常報告

 熱海市伊豆山の大規模土石流で被害を拡大させたとされる盛り土の規制強化を巡り、県の上原啓克土地対策課長は8日の県議会建設委員会で、新たに制定を目指す条例で土地所有者の義務を定める方針を明らかにした。土地所有者に不適切な盛り土を造成させない監視の役割を課すのが狙い。定期的な施工状況の確認と、許可内容と異なる施工を確認した場合の県への報告などを義務化する。  現行の県土採取等規制条例には土地所有者の義務が明示されていない。新条例案では、許可申請する業者に土地所有者の同意書の提出を求め、土地所有者に義務付ける事項を確認させる。上原課長は「(施工業者に)土地を貸す土地所有者にも責任を持って盛り土を監視してもらう」と趣旨を説明した。  県によると、新条例案では、業者が不適切な工法で盛り土を造成し、県による工事中止や撤去の命令に従わない場合、土地所有者に命令を出して是正させることも盛り込む。土地所有者も命令に従わない場合は土地所有者を含めて罰則を科す内容とする方針。  これまでの県などへの取材によると、熱海市伊豆山の土石流で起点になった盛り土は、前の土地所有者だった神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)が届け出の3倍を超える高さに造成したとみられ、土地はその後の2011年2月、現在の土地所有者に売却された。土地所有者の変更で、責任の所在が曖昧になったとする見方もある。  県は同委員会で、一定規模以上の盛り土を許可制にする▽技術基準を定める▽地方自治法で認められる最も重い罰則にする−など新条例案の主な内容を示し、来年7月の施行を目指すと説明した。

静岡 2021年10月09日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.