不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

基地周辺や離島の土地取引 規制の法案、衆院を通過

 安全保障上重要な施設の周辺で土地取引を調査・規制する新法が1日、衆院本会議で与党などの賛成多数で可決した。外国資本が自衛隊基地の隣接地や離島の土地を購入して不適切に利用するのを防ぐ。政府・与党は今国会での成立をめざす。2022年4月から適用する見通しだ。  自衛隊基地や海上保安庁の施設などから1kmの周辺地を「注視区域」に指定する。国が不動産登記簿などを使って土地や建物の所有者の氏名や国籍、賃借権を調べられるようにする。所有者が外国と関係が深い場合は利用目的の報告を求める。  自衛隊基地の中でも司令部機能をもつ場合や無人の離島など、安全保障上さらに重要な土地は「特別注視区域」とする。200平方m以上の土地を売買する場合、取引した人や団体の氏名や住所、利用目的の事前届け出を義務付ける。  調査の結果、電波妨害やライフライン遮断といった恐れがあると判断すれば利用中止を勧告・命令する。命令に従わなければ懲役2年以下か罰金200万円以下を科す。  特別注視区域の無届けや虚偽報告には、6カ月以下の懲役か100万円以下の罰金を科す。  新法を整備するのは外国資本による国内の土地買収が安全保障上の脅威となっている実態に対応するためだ。中国の動きが念頭にある。政府は成立後、対象施設や区域指定の考え方などを詰めて基本方針を決める。  法案には野党や公明党が「過度な規制につながる」と慎重姿勢を示していた。閣議決定前に与党で調整し、特別注視区域の対象から市街地を除外した。立憲民主党は罰則の削除を求めている。

日経 2021年06月02日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.