不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

8月2日は「空き家ゼロの日」地域の“資源”活用へ奮闘 藤枝の三輪さん 啓発活動、全国に拡大

 全国で深刻化する空き家問題に目を向けてもらおうと、不動産会社社員の三輪早苗さん(43)=藤枝市=が8月2日を「空き家ゼロにの日」として日本記念日協会に登録し、市と啓発活動を続けている。登録から3年目の今年は記念日にちなんだ催しを全国に広げようと、他の自治体や企業、地域団体に啓発キャンペーンヘの参加を呼び掛けている。  空き家を生かした移住促進、居場所づくりなど、再活用のためのイベントを8月1日か2日に行う団体を募集する。景観維持や地域活性化など、さまざまな観点から関わる取り組みを想定している。  三輪さんは不動産会社スイーツインベストメント(玉木潤一郎代表取締役)が運営する「空き家買取専科」(静岡市駿河区)の広報担当。空き家を買い取り、リノベーションして販売しているが「1社だけでは問題を到底解決できない。同じ思いを持つ人たちとムーブメントを起こしたい」と、2018年に「ゼロにの日」を登録した。  同社の親会社3社がいずれも藤枝市にある縁で、市と連携した活動を始めた。市側も民間企業の協力で迅速な空き家の利活用につながるとし、19年8月2日に16社を「市空き家ゼロにサポーター」に認定。現在38社に広がり、20年の同日には空き家問題を考えるシンポジウムも開いた。  三輪さんは「劣化が進んで資産価値が下がる前に、空き家は地域の資源だと気付いてほしい。そのために各地で一斉にPRしたい」と意気込む。  参加希望の自治体や企業、団体は5月31日までに、空き家買取専科<フリーダイヤル0120(76)0802>へ連絡する。  <空き家率>  総務省の住宅・土地統計調査(2018年10月時点)によると、県内の総住宅数171万戸のうち空き家は28万戸。空き家率は16.4%と、全国13番目の高さ。空き家の50%は賃貸用住宅。一方、住宅(持ち家)の取得方法は、建て売りや分譲住宅の購入、建て替えを含む「新築」が75%、中古住宅購入は10%だった。

静岡 2021年05月14日夕刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.