不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

三井不、再生エネ電力に転換 30年度までに 首都圏全120施設で

 三井不動産は2030年度までに首都圏の全約120施設で再生可能エネルギー由来の電力を本格導入する。一般家庭の約6万9千世帯分が年間に出す二酸化炭素(CO2)に相当する約12万トンを減らす。世界で再生エネ利用を重視する企業が増える中、不動産も脱炭素化が迫られている。  国立環境研究所によると、国内の19年度のCO2排出量のうち、オフィスや商業施設などの「業務その他部門」は全体の2割弱の約1億9千万トンだった。政府は30年度の温暖化ガスの排出削減の目標を13年度比46%に引き上げた。製造業だけでなく事務所などの削減が重要となっている。  三井不動産は首都圏に所有するオフィスビルや商業施設、ホテルなど約120施設の共用部の電力を再生エネ由来に切り替える。22年度までに東京ミッドタウン日比谷、コレド日本橋など25施設で先行して取り組む。  当面は東京電カホールディングス傘下の小売り会社などと連携し、化石燃料由来の電力でないことを示す「非化石証書」の電力を調達する。中長期には自前の再生エネ電源の活用も検討する。  約120施設の共用部の電力使用量は年3億kW時程度。証書の購入で電力の調達コストは年数億円増えるもようだが、自社でその分を吸収し、環境意識の高い外資系企業などを呼び込む。  共用部のほか、入居企業が使う専用フロアも希望に応じて再生エネの電力にする。4月からはテナントの仏BNPパリバや大和証券グループなど10社弱に提供を始めた。  米アップルが自社だけでなく、部品の供給企業にも再生エネの使用を促すといった動きが広がっている。オフィスや商業施設も再生エネの利用が入居の判断になっていく可能性もある。日本の不動産会社では、三菱地所が22年度をメドに丸の内地区で持つ約30棟の電力を再生エネにする計画などもあるが、海外に比べると対応が遅れている。

日経 2021年05月10日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.