不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

東証REIT指数 1年ぶり高値 ホテル・オフィス型 活況 地銀など、経済回復見越す

 東京株式市場でホテルやオフィス物件で運用する不動産投資信託(REIT)の値上がりが目立っている。30日の東証REIT指数は反発し、1年1カ月ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスのワクチン接種が進めば観光やテナント需要が復調して組み入れ物件の収益が拡大するとの見方から地銀などが買いを入れている。  東京証券取引所に上場する銘柄の年初からの上昇率をみると、1位はインヴィンシブル投資法人(27.5%高)、2位は星野リゾート・リート投資法人(27%高)とホテル物件を組み入れるREITが上位を占める。  3位はいちごオフィスリート投資法人(26.6%高)、4位は投資法人みらい(25.9%高)とオフィス型も上位。こうした銘柄がけん引し、30日の東証REIT指数は前日比16.27(0.8%)高の2,014.60と、2020年3月6日以来の高値を付けた。  「海外観光客の回復や空室率の低下など、経済本格回復を先回りした買いが入っている」とみずほ証券の大畠陽介シニアアナリストは話す。ホテルやオフィス型REITは、住宅や物流施設を組み入れるREITに比べて出遅れがちだったが、先行きの業績拡大を見越した買いが入っているという。  主要な買い手である地銀の買い意欲も回復している。東証REIT指数はコロナ禍の昨年3月19日に前日比2割近く急落した。SMBC日興証券の烏井裕史シニアアナリストは「地銀は過去1年間のリスク量を投資判断に生かしており、1年が経過した現在は投資しやすくなった」と話す。  ある大手地銀の運用担当者は「割高感のある一部の物流型を除き、REITは低金利環境の中で利回りを十分にとれる有力な投資先」とみて買いを入れている。相場はほぼ一本調子で上昇してきただけに今後は伸び悩むとの見方もある。SMBC日興証券の烏井氏は高値を追うには「REITの収益が本格的に伸びて増配が実現することが条件」とみる。

日経 2021年03月31日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.