不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

上半期の路線価 据え置き 下げ幅基準満たさず補正見送り 都市部では15%超下落も

 新型コロナウイルスによる経済活動への影響から、国税庁が検討していた1〜6月分の路線価の減額補正が28日見送られた。大部分の地域の地価(時価)が路線価を下回らなかったためだが、一部に15%以上下落した地域もあった。相続税などの算定基準だけに人々の関心は高く、同庁は「引き続き地価の動向を注視したい」としている。  国税庁は減額補正の条件について「広範な地域で大幅な地価下落が確認された場合」としていた。かねて路線価は地価の8割程度に設定されており、2割以上の下落幅が判断材料の一つと見られ ていた。  全国の市区町村、約1,900カ所を対象にした同庁の調査によると、1〜6月の間に15%以上下落したのは6カ所にとどまった。名古屋市中区綿3丁目と大阪市中央区宗右衛門町は19%下落し、東京都台東区浅草1丁目は16%下がった。  いずれも訪日外国人(インバウンド)の増加などで地価が上昇していた地域。浅草で老舗旅館を営む60歳代の女将は「今は海外からのお客さんは全くいない。予約は例年に比べて半分以下の状態だ」と肩を落とす。  みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所によると、上場企業などによる4〜6月の不動産売買額(公表ベース)は前年同期比で約6割減少。7〜9月期は反動などもあり同4割増となった。  平山重雄・常務研究理事は「大型物流施設の取引などがあり、不動産の売買は一部で回復傾向となっているが、新型コロナの影響は読み切れず、地価は現状維持か下落傾向が続くのではないか」と指摘。経済活動の低迷が予断を許さないなか、国税庁は7〜12月分の地価への対応について改めて判断する。

日経 2020年10月29日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.