不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

住宅展示場3割削減 大和ハウス デジタル営業に移行

 大和ハウス工業は全国にある住宅展示場を5年で3割減らす。新型コロナウイルス禍で来場者数が減少しているうえ、展示場を契機とした注文住宅の契約率が低下していることに対応する。今後、デジタル技術を活用した住宅販売へ段階的に移行する。人口減少で国内の注文住宅市場は20年で25%縮小した。展示場を大きく減らす取り組みは住宅各社の営業手法に影響を与える可能性もある。  同社は注文住宅では世界3位で、2022年3月末時点で全国に197カ所の展示場を展開する。新型コロナ禍で21年度の来場者数はコロナ禍前の19年度比約5割減と大きく減少した。来場をきっかけに契約した割合も従来は5割程度あったが、21年度は3割にまで低下した。  展示場は1カ所あたり、年間の維持費用が3,000万から5,000万円かかる。展示場での営業効率が落ちていると判断し26年度までにまず50カ所ほど閉鎖する方針だ。主に人口減少が進む地方の不採算の展示場が対象となり、最大で100カ所になる可能性もあるという。展示場の削減により、資材価格の高騰で上昇する住宅建設コストに対応する狙いもある。  展示場の代わりにデジタルを駆使した営業に力を入れる。今年4月に始めた仮想空間でアバター(分身)を動かしながら住宅を見学できるサービスなどを拡充する。  大和ハウスの21年度の注文住宅の販売戸数は約5,000戸だ。このうち最大1割がインターネットを起点として販売に至った住宅だという。ウェブサイトを通じた営業を強化するなどで、26年度までに1,200戸と全体の約2割に高める考えだ。

日経 2022年06月11日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.