不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

長期金利 3年ぶり低水準 一時マイナス0.255%

 国内の長期金利が16日、約3年ぶりの水準まで低下した。国内債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時、前日比0.020%低いマイナス0.255%まで下がった。米中貿易摩擦で世界景気の減速懸念が強まり、安全資産とされる日本の国債に買いが入って金利が下がった。  マイナス0.255%は2016年7月以来の低水準だ。15日には欧州中央銀行(ECB)高官が景気刺激策の必要性に言及したと伝わった。「円高を避けるため日銀が追加緩和に動くとの観測も高まり、金利低下につながった」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊氏)  長期金利の低下は企業への融資や住宅ローンなどの貸出金利を下げる方向に働く。ただ「すでに十分に低水準で、実際の効果は限定的」(東海東京証券の佐野一彦氏)との指摘もある。

日経 2019年08月17日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.