不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

防音工事の対象区域拡大を検証 空自飛行隊、浜松移転で

 航空自衛隊美保基地(鳥取県)の教育飛行隊が2020年度に浜松基地(浜松市西区)に移転する計画で、防衛省南関東防衛局は12日、複数の測定機を新たに浜松基地周辺に設置し、防音工事の対象区域を広げるかどうか検証するとの考えを示した。市役所であった市基地対策協議会代表委員会(会長・鈴木康友市長)で、同局の稲葉稔企画部次長が「騒音測定により、防音工事の範囲を広げる可能性がある」と説明した。  移転はパイロット教育の効率化が狙い。美保基地からはビジネスジェット型練習機T400が10機配備され、隊員100〜110数人の増員が予想される。移転により、浜松基地での離着陸回数が現状の月2,100回から3割ほど増え、約2,700回となる見込みだが、稲葉部次長は「シミュレーターなどを用いて、できるかぎり実際の離着陸を抑えたい」とした。  移転の時期については、浜松基地でのT400用の駐機場や格納庫の整備の状況を踏まえて決めるとし、「現状では詳しい時期は未定」と説明した。

中日 2019年07月13日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.