不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

浜松市中心市街地活性化 次期計画 策定せず 新たに指針まとめへ

 浜松市は3日、最終年度を迎えた市中心市街地活性化基本計画(計画期間2015年1月〜20年3月)の次期計画を策定しない方針を決めた。策定済みの立地適正化計画など他計画でも事業への国の支援が受けられると判断した。中心市街地活性化に向けては、新たに官民連携で指針をまとめるとした。  中区の浜松商工会議所会館で開かれた市中心市街地活性化協議会(会長・大須賀正孝同商議所会頭)の総会で方針を明らかにした。  中心市街地活性化計画は、一定区域内での活性化に向けた事業や目標値などを盛り込んで国の認定を受け、補助金などの支援を受ける。同市の現行計画は第1期(07年8月〜12年3月)に続く第2期計画。計画区域はJR浜松駅周辺の220haで、計画の68事業のうち19年度は53事業を実施する。  総会で市産業振興課の担当者は、国の認定を受けた145都市のうち、3期目を展開しているのは10都市にとどまると報告した。中心市街地活性化の考え方となる指針は、同協議会の作業部会での検討を経てまとめ、19年度中に報告するとして委員の了承を得た。 【歩行者通行 前年度比減 18年度 計画指標、目標値下回る】  浜松市中心市街地活性化基本計画に基づき市が2018年度に実施した調査によると、計画の指標のうち歩行者通行量、公共施設入場者数、空き店舗区画数は、いずれも計画最終年度(19年度)の目標値を下回っている。  休日の10時間に計画区域内8地点を通過する歩行者数を計測して合算した歩行者通行量は、前年度比3,053人減の10万2,049人。基準値とする14年度の9万9,392人を上回ったが、目標値の10万9,300人には達しなかった。  公共施設(7施設)入場者数は、浜松科学館が休館だったため前年度比17万7,558人減の150万2,660人だった。目標値は155万人。  18年10月時点で確認した空き店舗区画数は前年度比3区画減の87区画で、目標値の53区画との差が依然として大きい。

静岡 2019年06月04日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.