不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

国有地 商業施設にも賃貸 財務省方針「売却」から転換

 財務省は未利用の国有地に関する基本方針について、売却から貸し出しに転換する。1千u以上の国有地が候補で、保育・介護施設だけでなく、商業施設にも定期借地権付きで貸し出す。国が数十年後に防災などの目的で利用する可能性がある土地であっても、有効活用することで、賃貸収入を得ていく狙いがある。  財務省が22日に開く財政制度等審議会の国有財産分科会に見直し案を示す。これまでは不要となった公務員宿舎などの売却を進めてきた。売却が一巡しつつあることもあり、今後は貸し出しにかじを切る。6月に取りまとめ、具体的な開始時期などを詰める。  国有地の中で「将来世代に残すべき有用性の高い土地」と判断した場合、売却しない「留保財産」と位置づける方針だ。一度売却してしまうと、事実上買い戻せないとの事情から手放しづらい国有地も多い。定期借地権付きで貸すことで、国が所有権を持ち続けることができる。  具体的には東京23区など人口密集地で1千u以上、大阪市や仙台市、那覇市など地方の中心都市で2千u以上の国有地が候補になる見通し。ただ、規模が小さくても再開発や人口流入が見込まれる土地などは候補になり得る。  民間で不足している保育や介護施設へ重点的に国有地を貸しつつ、商業施設などにも貸し出す。これまで貸し出す場合は、公共目的の施設に随意契約してきた。今後は商業施設を含めるため、競争入札を拡大する。  国有地のため、反社会勢力などが借りないよう注意する。貸出先には事業の健全性を確認するため、国の調査に協力することを義務付ける方針。  財務省は国有地の売却を進め、国有地の評価額である台帳価格で現在3,626億円分が未利用となっている。過去約20年で5分の1に減少した。一方、国有財産の貸し付け収入は年間300億円台にとどまり、有効活用が課題となっている。

日経 2019年05月22日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.