不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

オフィス空室率 最低更新 都心5区の4月 賃料は上昇続く

 オフィスビル仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が9日発表した都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の4月の空室率は1.70%となり、前月比0.08ポイント下がった。月次データの残る2002年1月以来の最低を更新した。4月に完成した大規模な物件はなく、契解約の動きも少なかったため、オフィスの需給が一段と逼迫している。  新築ビルの空室率は2.83%で0.07ポイント下がった。既存ビルも1.66%で0.08ポイント低下した。19年に都心5区で竣工する大規模ビルはおおむね入居テナントが固まっており、当面まとまった空室は出ない見通しだ。  都心5区の平均賃料は3.3u当たり2万1,279円と前月比0.69%(145円)上がった。平均賃料の上昇は64カ月連続。新築ビルの平均賃料は3.13%(951円)高い3万1,305円だった。3月以降、3万円を超える水準が続く。既存ビルも0.74%(155円)高い2万1,010円だった。  同業大手の三幸エステート (東京・中央)の今関豊和チーフアナリストは「求人倍率をみても企業の採用意欲は強く、オフィス需要が過多な状況が続きそうだ」と話す。

日経 2019年05月10日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.