不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

住宅の生け垣設置補助 通学路緑化 防災と両立 県が新制度

 県は2019年度、通学路や災害避難時に主に使う道路に面した住宅で、塀の代わりに生け垣や植え込みを設置する場合に費用を補助する制度を創設した。通学路などの緑化を地域全体で推進し、住宅街の景観「いえなみ」の形成につなげて防災との両立を図る。  昨年6月の大阪府北部地震で、倒壊したブロック塀の下敷きになって児童が死亡し、ブロック塀撤去の補助が急増したことを受けた対応。これまでのブロック塀撤去の補助制席は充実させた上で、ブロック塀のない住宅でも新たに生け垣などを整備すれば補助する制度をつくった。  新制度は政令市を除く市町が対象。樹高1m以上の植木は2mに1本、樹高30cm以上1m未満の植木は1mに1本の間隔で配置するよう求める。樹木の前にフェンスを設置する場合は、フェンスの透過率を50%以上にするなどの条件を満たせば認める。芝生や移動できるプランターは補助されない。  場所の要件は補助の主体になる市町によって異なるが、地域防災計画に位置付けた避難路沿いや通学路沿い、学校などの避難地に面した住宅が基本になる。補助率は3分の2で、250件を想定している。県の担当者は「通学路などで一体的な緑化を推進したい」と狙いを語る。  県によると、18年度のブロック塀撤去の補助件数は1,895件で前年度の5・6倍に上った。駿河湾地震が起きた09年度の723件、東日本大震災が発生した11年度の852件も大きく上回った。

静岡 2019年05月09日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.