不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

民泊、日数規制が足かせ 観光庁調査 廃業理由「形態変更」最多

 観光庁は、昨年6月施行の住宅宿泊事業法(民泊法)に基づく民泊事業者のうち廃業したケースの理由を調査した結果をまとめた。同法が、営業日数を年間最大180日に制限していることから、通年営業できるよう許可を取り直すためとする回答が最多となった。民泊法の規制が経営の足かせとなっていることが改めて浮き彫りとなった。  民泊法では、周辺住民への配慮などから営業日数を制限する一方、少ない設備投資で参入できるのが特徴。通年営業には、旅館業法の許可を得ることが必要で、設備面などでより厳しい基準を満たさなくてはならない。  2、3月に廃業手続きをした人に自治体が事情を聴き、観光庁が集計した。回答数は205件。  理由は複数回答で「(通年営業できる)旅館業法の簡易宿所などの形態に切り替えるため」が37.6%で最多。「収益が見込めないから」も5.9%あった。他に「(売却などで)物件の使用権がなくなった」が10.7%、「(管理業者が見つからないなど)法令に適合するのが困難」10.2%、「業務負担が大きい」2.9%など。  制度開始後、今年4月15日時点で営業届は1万5,720件あり、うち811件が廃業を届け出た。観光庁は、訪日外国人の増加で不足する宿泊施設を補う役割を期待するが、廃業届が増えたため調査に乗り出した。担当者は「今後の傾向も注視し、対応を検討していきたい」としている。

静岡 2019年05月02日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.