不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

「切り旬」天竜材を活用 遠山建設が省エネ住宅

 木造注文住宅の遠山建設(浜松市浜北区)が、良質な天竜材を使った省エネルギー住宅の販売に力を入れている。「切り旬」と呼ばれる時期に伐採し天日で乾燥させたスギやヒノキを使用するのが特長。製材から設計まで「天竜づくし」の住まいとして提案する。  切り旬は、木が新芽を出すために水を吸い上げる前の11月から2月ごろ。天日乾燥させることで樹脂が程よく残るため、高温で人工的に乾かした木材より粘り気があり、虫にも食われにくいとされる。  同社の省エネ住宅は、三栄製材(天竜区)が1年かけて乾燥させた木材を構造材に使用。天竜区船明の一級建築士関島貴浩さん(44)が設計を手掛ける。ZEH(ゼッチ)と呼ばれるタイプで、断熱性を高めて空調の使用を抑えるとともに、太陽光発電設備を導入して年間のエネルギー収支をゼロ以上にする。  昨年10月にモデルハウスを北区新都田3の住宅街に設けた。内装の一部のみ木をむき出しにし、天竜材の存在感をさりげなく醸し出している。遠山光典代表(49)は「ZEHは従来の住宅より500万円ほど高いが、地元で木材を調達すれば費用を抑えられる。昔ながらのやり方を守り、天竜材の魅力を伝えたい」と語る。

中日 2019年03月16日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.