不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

オフィス空室率 1.78%に低下 2月の都心5区

 オフィスビル仲介大手の三鬼商事(東京・中央)が7日発表した都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の2月の空室率は1.78%と、前月比0.04ポイント下がった。低下は7カ月連続。月次データの残る2002年1月以来の最低を更新した。新築ビルが軒並み入居企業を決めた状態で竣工したほか、既存ビルでも後継テナントが決まった。  同社が集計対象に加えた新築ビル5棟はいずれも満床か、ほぼ満床で完成した。「住友不動産渋谷タワー」(東京・渋谷)のオフィス部分(4〜16階)はサイバーエージェントが一括で借りる。はとバス(東京・大田)などが手掛ける「品川ハート」(東京・港)もトヨタシステムズ(名古屋市)などが入居予定で「ほぼ満床の状態」(はとバス)という。  既存ビルでも「青山一丁目ビル」(東京・港)などで後継テナントが決まったようだ。  平均募集賃料は3.3u当たり2万1,101円と、前月比0.43%(91円)上がった。上昇は62カ月連続。仲介大手の三幸エステート(東京・中央)の今関豊和氏は「募集物件が限られるなか、ビルオーナーも賃料設定でより強気になっている」と話す。

日経 2019年03月08日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.