不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

浜松の不動産会社と静大発ベンチャー開発 電子看板で生活情報 入居者の満足度高めたい

 不動産会社のユノアールイー(浜松市中区)と、システム開発を手掛ける静岡大発ベンチャーのプログメイト(同)が、集合住宅の出入り口に設置するデジタルサイネージ(電子看板)を共同開発した。その日収集されるごみの種類をはじめ、入居者に役立つ生活情報を表示できるのが特長。第一弾として中区西浅田1の新築物件に導入された。  壁に取り付けた32インチのモニター画面に、ごみの種類のほか、日付、天気予報、管理会社の連絡先といった情報を表示する。情報はインターネットを通じて随時更新が可能。例えば、翌日集めるごみの種類を前日夕方に表示し、帰宅した人に注意を促すこともできる。  多くの集合住宅には入居者向けの掲示板があるが、「古い掲示物が色あせて残っていたり、画びょうが落ちてしまったりして見栄えが悪くなる。入居者に気持ち良く過ごしてもらい、満足度を高めたい」とユノアールイーの長谷川順一社長(46)。外出時に画面の天気予報を目にすることで「雨が降りそうだと分かれば、傘を取りに戻るといった行動にもつながる」と語る。  電子看板(32インチ)の設置費は20万円(税別)、情報の更新を含む保守管理費は年6万円(同)を想定。プログメイトかど野寿章社長(28)は「今後はタッチパネルや、人の顔を認識するカメラと人工知能(AI)を組み合わせることで、個々の入居者に合った情報を提供できる仕組みも考えたい」と展望する。  導入物件は飯田組(浜松市東区)が施工した4階建ての賃貸マンション「アサモリソウ」(12戸)で、19日まで見学会を開催。地元を拠点に活動する中区の写真家馬渕颯太さん(28)の作品も電子看板で紹介している。  電子看板についての問い合わせはユノアールイー=電053(525)8301=へ。

中日 2019年01月19日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.