不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

住宅ローン減税「15年に延長」軸 与党税調始動

 自民、公明両党は21日、それぞれ税制調査会の総会を開き、2019年度税制改正作業を本格的に始めた。19年10月の消費税増税に伴う景気対策として、住宅ローン減税で控除を受けられる期間を現行の10年から15年を軸に延長し、住宅購入資金の贈与の非課税枠を拡充する方向。個人事業主の後継ぎへの移行も支援し、廃業の波を食い止める。自動車税の恒久的な減税は地方財政に響くため、終盤まで応酬が続きそうだ。  両党は12月12日にも与党税制改正大綱をまとめる。自民党の宮沢洋一税制調査会長は「何より大事なことは消費税率10%への引き上げの着実な実現だ」と述べた。  住宅ローン減税は現在、借入残高に応じて所得税から最大年50万円(10年で500万円)を差し引ける。借入額が少なく控除枠を使い切れていない層を期間延長で支える。ただ延長分は控除額を下げる可能性もある。子や孫への住宅代贈与の非課税上限は19年度が3,000万円で20年度は1,500万円。20年度は2,000万円への拡充を考える。

中日 2018年11月22日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.