不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

7月の日銀決定会合 長期金利の上限 「0.25%」意見も

 日銀は8日、長期金利の一定の変動を容認した7月30〜31日の金融政策決定会合での「主な意見」を公表した。複数の委員から大規模な金融緩和の長期化に備えた対応を求める声が出た。ゼロ%程度に誘導している長期金利について「0.25%程度の動きを許容することが適切だ」との意見が出た。  この委員は長期金利の小幅な上昇は経済・物価への影響は限定的な一方で「金融仲介機能への累積的な影響の軽減と政策の持続性強化に効果が見込まれる」と強調した。大規模な金融緩和に積極的なリフレ派とみられる委員は、長期金利の上昇を許容すれば「物価の伸び悩みを助長しかねない」と指摘した。  長期金利の変動幅については多数の委員が「(従来の)倍程度に変動しうることを念頭に置く」ことで合意したもようで、黒田東彦総裁が会合後の記者会見で表明した。市場ではこれまで0.1%だった長期金利の上限が0.2%に上がったと受け止められていた。  主な意見の公表を受けて、市場では「海外金利の上昇など外部環境次第では、いずれ0.25%まで上昇を容認するかもしれない」(SMBC日興証券の丸山義正氏)との声も出た。

日経 2018年08月09日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.