不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

中古マンション10年で8.5%下落 首都圏、新築分譲時比

 東京カンテイ(東京・品川)がまとめた築10年前後のマンションの中古価格が新築分譲時に比べてどれだけ上下したかを示す「リセールバリュー」調査によると、2017年時点で首都圏平均で8.5%下落していることが分かった。都心へのアクセスの良い駅周辺では新築時より高値で売り出されている例もあるが、郊外では3割以上下落しているエリアもみられる。  現在、中古物件として流通している物件を抽出し683駅を対象にまとめた。最もリセールバリューの高かった駅は都営新宿線の馬喰横山駅で10年前に比べて55.2%上昇。新築分譲時の価格が割安だったほか「職住近接への居住ニーズの高まりで立地が再評価され、資産価値の上昇につながっている」(東京カンテイの高橋雅之主任研究員)。住宅地として人気の高い東京メトロの表参道駅や、大規模開発のあった豊洲駅なども大きく上昇した。  一方で3割以上の下落は37駅でみられ、半数が千葉県の郊外エリアに集まっているという。

日経 2018年08月04日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.