不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

金利上昇、欧米に波及 日銀緩和修正 日本は一時0.145%

 日銀の金融政策の修正が、世界的な長期金利の上昇の波を広げている。日本の長期金利は2日に1年半ぶりの高水準を記録。米長期金利も節目の3%を上回り、欧州市場にも金利上昇圧力がかかった。欧米が緩和縮小に動く中、国際的な低金利のアンカー(いかり)役としての日銀の存在感が浮き彫りになった。  「日銀はどこまで金利上昇を許容するつもりなのか」。日本の長期金利が急上昇すると、米国債市場の担当者は分析に追われた。海外への想定以上の波及でにわかに日本国債に世界の市場関係者の目が集まっている。  1日のニューヨーク債券市場では米長期金利の指標の10年物国債利回りがほぼ1カ月半ぶりに3%台に乗せた。欧州でもドイツの10年債が一時0.49%台と6月半ば以来の水準に上昇。これが日本に跳ね返り、2日の東京市場で10年債は一時0.145%まで上昇した。  連鎖反応が起きるのは投資マネーのつながりがあるからだ。日本国債の利回りがある程度戻れば、為替変動リスクをとったり、ヘッジにコストをかけたりして米国債を買う理由は薄れる。「日本の投資家が資金を引き揚げる」との連想から、短期投資家が先回りして米国債先物などの売りに動くケースも多い。 (後略)

日経 2018年08月03日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.