不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

浜松市「第三都田地区工業用地」 県外大手メーカー進出へ

 産業用ロボット向け精密減速機などを手掛ける大手機械メーカー「ナブテスコ」(本社東京)が、浜松市北区の第三都田地区工業用地への進出を計画していることが17日までに、関係者への取材で分かった。既に土地の売買意向を示す書面を交わしていて、同市と同社が同日午後にも公表する予定。同工業用地への県外の大手メーカー進出は初めて。  ナブテスコは、産業機器メーカー「帝人製機」と鉄道ブレーキなどのメーカー「ナブコ」の経営統合に伴い、2003年に設立した。 航空機、鉄道、業務用車両、船舶、新エネルギーなどに関連する多分野の機器を製造し、産業用ロボットの精密減速機は世界トップシェアを誇る。17年12月期の連結の売上高は2,824億円。国内6カ所に生産拠点を構え、県内には初進出とみられる。  地区内でも最大規模の区画への進出を予定しているとみられ、千人規模の雇用につながる可能性もある。  静岡新聞社の取材に対し、同社は「申し上げることはない」としている。  第三都田地区工業用地は、新東名高速道の浜松SAスマートインターチェンジ(IC)から近く交通至便な立地を売りに、同市が47.6haの事業用地に13区画を造成。16年度から分譲を開始し、21年度内に分譲を完了する計画。既に県内の3社が進出を決めている。市によると、これまでに8区画で公募を終了している。

静岡 2018年10月17日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.