不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

都市機能誘導 10区域設定 浜松市立地適正化計画案を提示

 浜松市は19日に市役所で開かれた中区協議会で、2019年4月に策定する市立地適正化計画の案を提示した。JR浜松駅周辺など10カ所を都市機能誘導区域とし、それぞれの拠点周辺に居住誘導区域も設定。人口減少 社会に対応したコンパクトでメリハリの効いたまちづくりを目指す。  都市機能誘導区域のうち、JR浜松駅周辺は「広域サービス型」とし、既存の大規模集客施設や公共交通ネットワークを生かしつつ、建物のリノベーションや未利用地の活用などを図る。  遠州鉄道浜北駅や天竜浜名湖鉄道天竜二俣駅などの周辺は「市域・地域サービス型」で、ホールや図書館といった拠点施設の優先的な立地を検討する。JR天竜川駅、高塚駅周辺などは「生活サービス型」とし、子育て支援や障害者、高齢者福祉などの医療・福祉機能を集積し、暮らしの充実を図る。  これらと並行して、各エリアの居住誘導区域では、サービス付き高齢者向け住宅などを誘導して住宅供給を促進するほか、公園や自転車走行空間などの整備、公共交通の利便性向上を図る。居住誘導区域に住む人口の割合を、2045年に53.1%(15年、44.5%)に高める目標値も盛り込んだ。  市は10月16日から11月2日まで7行政区で市民説明会を開く。

静岡 2018年09月20日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.