不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

県内基準地価の概要(価格は1u当たり)西部 中心街で取引活発化 浜松 新所原駅南人気続く 湖西 住宅地二極化が固定 磐田

浜松市 【中・東・西・南区】  商業地は中区で2.1%上昇、東区で2.2%上昇と前年より伸びた。JR浜松駅近くの中心市街地で取引の活発化が見られ、70万円前後の売買もあった。東区はコストコ出店などで注目が集まり、主要道路沿いは需要が供給を上回る。住宅地は中区で0.7%上昇、東区で横ばい。西区で0.8%下落、南区で3.0%下落だが、地域によっては下落率が縮小した。最高価格地点がある中区山手町で18万円台、上昇率が大きい中区蜆塚で15万円台の取引も。比較的安く利便性が高い遠州鉄道沿線などの人気が出ている。 【北区】  強固な地盤と企業進出で三方原台地の宅地需要は高い。三方原町で7万円前後の売買。初生町は7万5千〜8万円で取引されている。出店意欲も旺盛だが、売りに出ている物件は少ない。旧引佐郡の住宅地は引き合いが乏しく、ほとんどの地点で横ばいか下落。市街地の細江町中川と引佐町金指は微増だが、取引は鈍い。 【浜北区】  住宅地は遠州鉄道駅沿線の中心部で強含みの一方、周辺部は下落傾向。0.4%上昇の貴布祢は9万円台の取引がある。根堅は0.8%下落で、3万円台の売買。染地台の人気は高いが物件は少ないため、近くの内野台でも8万円台で需要がある。工業地は供給が少なく、商業地の引き合いは乏しい。 【天竜区】  住宅地は2.1%下落した。区画整理をした船明は取引が増えているが、相場は2万〜2万5千円と当初想定を下回っている。山東では取引が減少し、二俣はほとんど動きがない。西鹿島駅周辺では6万〜7万円の引き合いがある。商業地は1.6%下がった。鹿島だけが横ばいで、佐久間や水窪は下がった。 湖西市  住宅地は昨年と同じく1.2%の下落。物件が少ない市中心部は引き合いが強く、JR鷲津駅前から続く商業エリアでは9万円前後が相場。2年前に開設されたJR新所原駅南口の周辺の人気は続いていて、約10万円の高値の売買もあった。新居町の沿岸部は、物件はあるものの依然として取引は低調。2万円台の購入が見られた。 掛川市  住宅地は1.3%、商業地は1.6%下落した。全体的に住宅地の動きは低調だが、JR掛川駅周辺の中央小学区は引き合いが強く7万円前後で取引がある。30代が多く暮らす新興住宅街の紅葉台は人気が高く、5万円台の売買があった。昨年に続き、駅北側では飲食店の出店が増えている。 菊川市 御前崎市  菊川市は住宅地が0.9%、商業地が2.1%の下落。菊川駅北口新設への期待感を背景に、周辺の柳が市内の調査地点で唯一、横ばいとなり、6万円台の取引もある。小笠は低調な動き。御前崎市の住宅地は1.3%の下落で、池新田の高台で3万円前後。商業地は0.8%下落し、平均価格が県内市町の中で最下位だった。 磐田市  住宅地は平均0.7%下落。JR磐田駅北など一部でプラス基調に転じたが、沿岸部の福田地区は5.6%下落し、二極化が固定している。市中心部は堅調で国府台は8万円台の取引。東名高速道磐田IC南側の見付も7万〜8万円で関心は高い。磐田駅南一帯も回復傾向で一定の需要はある。商業地はまとまった動きは少ない。 袋井市 森町  袋井市の住宅地は0.9%下落。袋井駅周辺や7万円台前半の売買があった愛野駅周辺で引き合いが強いが、供給が少ない。4万円台で成立した豊沢など、地盤が良好な地域が30〜40代に人気。森町の住宅地も0.7%下落した。袋井市北部の商業施設に近い谷中や一宮で2万円台前半から半ばの取引があり一定の需要。

静岡 2018年09月19日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.