不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

住宅の電力 3割削減 太陽熱×ヒートポンプ給湯機 設置に補助金も活用 OMソーラーが設備

 太陽熱利用システムのOMソーラー(浜松市)は、太陽熱システムとヒートポンプ式の給湯機を組み合わせた住宅用の省エネ設備を10月に発売する。東京大学の前真之准教授らと共同で開発、家庭の年間消費電力を最大で3割減らせるという。国土交通省の補助金も活用して、2018年度は200棟の住宅に設置を目指す。  新しく開発した省エネ設備「OMX」は、エアコンの室外機とヒートポンプ式の給湯機を連動させた機器と、住宅の屋根に設置する太陽熱の集熱パネルなどで構成する。住宅の各部屋を冷暖房や換気に使うダクトでつないで、季節や天気に応じて空調や給湯に必要なエネルギーを効率化する。  冬場の晴れた日中は太陽熱パネルで温めた空気とエアコンで室内を暖房する。夏場の晴れた日にはヒートポンプのエアコンで室内を冷房し、その際に出る廃熱を使って給湯機が湯をためて、入浴や食器洗いに使う。  冷媒を使って空気の熱を取り込むヒートポンプ式給湯機は「エコキュート」などの名称で普及している。割安な深夜電力でお湯を作る用途が多いが、OMソーラーや東大の前准教授らは同じ原理を使うエアコンと連動させる方式にした。通常のエアコンは各部屋に1台ずつ室内機と室外機を設置するが、給湯とエアコンの室外機を1台にまとめ、冷暖房はダクトを通じて各部屋に分配する。  OMソーラーは屋根に太陽熱の集熱パネルと太陽光発電パネルを設置し た省エネ設備などを販売してきた。今回初めてヒートポンプ式の給湯機と組み合わせて販売する。  太陽熱パネルとヒートポンプ式給湯機とダクトの設置と断熱工事などを合わせた価格は390万円。国交省の省エネ住宅関連の助成事業となり、まず121棟については半額を補助金で賄い、消費者の負担は195万円になる。補助金を使い切った後は、断熱工事を簡略化するなどして価格を引き下げて販売する。  OMソーラーでは、エコキュートや一般的なエアコンを導入している住宅に比べ、年間の消費電力を3割削減できるとみている。太陽光発電パネルとの併設も推奨する。太陽光も含めると初期投資は500万円を超えるが、売電収入で投資を回収できるという。  OMソーラーは、東京芸術大学名誉教授だった建築家の故奥村昭雄氏が考案した温熱システムを普及させる目的で1987年に設立された。全国の工務店約140社が施工する体制を取っているが、導入戸数は年間400棟程度と最盛期の3分の1ほどに落ち込んでいた。新システムは2020年度に年間1,000棟の設置を目指す。

日経 2018年06月14日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.