不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

掛川市認可 区画整理の宅地店舗起工 個人施行は県内初

 掛川市下垂木一丁田地区の土地区画整理事業の起工式が21日、現地で開かれた。民間の個人施行による土地区画整理事業は磐田市見付の事例に続き県内2例目。面積5ha未満が対象の市認可事業としては県内初。  磐田の事業を手がけた浜松市東区のビルド21が施行者となり、農地約4.9haに住宅地60画地と商業施設「オークワ」、喫茶店、公園などを整備する。オークワは和歌山県に本社を置くチェーン。店舗は建物面積約7,500u、スーパーやホームセンターなどが複合する施設として2019年8月に開業する予定。事業全体の工期は20年3月まで。  個人施行の土地区画整理事業は組合施行などと違って地権者全員の同意が必要となり、事業化のハードルが高い。一丁田を含む下垂木地区は過去に組合施行の土地区画整理事業が頓挫し、道路整備や商業施設誘致が遅れていただけに、住民組織「まちづくり委員会」が協力して地権者約40人の同意を取り付けた。  現地周辺は道路の整備計画もあり、今後開発が進む見通し。式典で同委員会の堀内武治会長は「30年来の地域課題だった新しいまちづくりが始まり、本当にうれしい。引き続き全面的に協力したい」と期待を寄せた。

静岡 2018年08月22日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.