不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

ゼロエネ住宅で新工法 積水ハウス サッシ断熱4割向上

 積水ハウスは太陽電池と燃料電池を組み合わせるなどしてエネルギー消費を実質ゼロにする「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の新工法を開発した。サッシの断熱性を4割向上させ、室内の梁(はり)の強度も4倍にした。居住性と省エネが両立できる。4月から鉄骨造住宅の主力ラインに導入し、ZEHの販売拡大を狙う。  新工法では窓枠などにはめ込むアルミ樹脂サッシの断熱性を大幅に高めた。積水ハウスはアルゴンガスを封入した高い断熱性の複層ガラスを持つ。ガラスと壁をつなぐサッシの構造部に熱を伝えにくい樹脂を追加し、業界最高水準の断熱性能を実現した。  ZEHでは難しかった大空間の提案も可能にした。自社工場で生産する鉄骨の梁を強化し、柱を使わずに実現できる空間を短辺で最大7mと従来の同5mから拡大。天井高も2.74mと従来の2.5mから伸ばした。  新工法はまず鉄骨造住宅の中高級ライン「イズ・シリーズ」に採用する。4月1日に沖縄県を除く全国で発売する。自由設計で、価格は3.3u66万円から。営業も強化し、同ラインの年間の販売棟数目標を6,500棟と従来の6,000棟から引き上げる。同社では新技術を武器に、2020年に新築住宅のZEH比率8割をめざす。

日経 2017年03月31日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.