不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン&シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
お部屋探しガイド
Rnetログイン

不動産・住宅関連【新聞各紙記事スクラップ】

住宅ローン、サイトで比較 仮審査申込み一括で 8社まとめて手間省く

 金融や住宅ローンの比較サイトを運営するイッカツ(東京・港、鈴木敬社長)は必要な情報を1度入力するだけで、複数の金融機関へ住宅ローン仮審査を申し込むことができるサービスを今月上旬に始める。メガバンクやネット銀行、地方銀行といった60以上の金融機関の住宅ローンについて金利や毎月の返済額、総支払額が比較できる。住宅購入の際に有利なローンを探す層を取り込む。  住宅ローンの総合サイト「住宅本舗」に新たな機能を追加する。金融機関からは様々な住宅ローン商品が出ているが、調ベて選ぶのは手間がかかる。  また金融機関によって差があるが、仮審査の際の入力項目は100以上あり30分から1時間かかる。「住宅本舗」は1回の条件入力でローン商品が比較できる。イッカツと契約している8つの金融機関には仮審査も申し込みできる。  同社は2013年2月から「住宅ローン一括審査申し込みサービス」を展開していた。利用者が事前に登録した各金融機関の仮審査申し込みに必要な共通項目のみを自動反映して、不足項目は利用者自身が入力するという補助的なサービスだった。  新しいサービスでは住宅本舗サイト内フォームの入力完了で、複数金融機関へ住宅ローンの仮審査を一括申し込みができる。ローン申込者の利用料は無料。イッカツは契約を結んだ金融機関から手数料をもらうというビジネスモデルだ。仮審査が申し込みできる金融機関は4月に20程度に増える見通しだ。  金融機関にとっても融資の実行率が向上するメリットがある。ユーザーは現在の審査や借り入れ状況と比べてメリットの大きい金融機関だけを選んで申し込んでくるためだ。イッカツによると、多数の住宅ローンを比較する利用者は少ないという。 「当社の調査では8〜9割が不動産会社が紹介した金融機関を利用しており、この層を取り込んでいきたい」(ネットビジネス事業部金融グループ)としている。  サービス開始にあたりイッカツは金融庁から昨年11月、「銀行代理業や金銭の貸借の媒介に該当する行為ではない」との見解を取得している。  日銀のマイナス金利の影響で、住宅ローンの金利も下がっている。金利の低いタイミングを狙って住宅購入に関する興味や情報収集の需要が高まっている。  イッカツは開始後半年で月間1,500人の利用(情報の入力を済ませ、仮審査を申し込む人)を目標にしている。住宅ローンだけでなく、個人向けローンなど金融商品全般で同様のサービスの取り扱いを予定している。

日経産業 2017年03月06日朝刊

 

※ニュースファイルは、新聞各紙に掲載された地域開発関連記事、土地対策や税制など主だったものを日付順に整理したものです。
※転載した記事の末尾には、新聞紙名および日付(朝夕刊の別)等の出典を明示しています。


News Search・キーワード検索

e

クイック検索!(次の関連記事を探す)

最近のニュースを見る

税制(不動産関連)

住宅版エコポイント関連

住宅ローン関連

住宅ローン金利

長期金利の動向

太陽光発電関連

地価公示の概況

基準地価の概況

路線価関連

相続税関連

住宅着工統計

マンション発売戸数

HEMS関連

スマートハウス関連

REIT関連

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.